What's UP YOKO?!

急性骨髄性白血病 治療日記

地固め療法(2) ー 10日目 きぬさん

隣のベッドのきぬさん、私と同じ病気です。御年78歳。

入院1ヶ月症候群に突入です。                                                   (入院して1ヶ月経つと、外に出たい、もうやだ、無理…と限界がくる。病名は勝手に作りました(´∀`)  )

なんでこんな病気になっちゃったんだろう…                           外は、いい天気だなぁ                                                          私、いつ帰れるのかしら                                                        白血球の事考えると、頭がおかしくなりそう

と、きぬさん。

同室のみんなで、きぬさーん、ちょっとずつ白血球上がって来てるからさ、もうちょっとの辛抱だよ〜〜と声をかけます。

きぬさんの気持ち、すごくわかります。1ヶ月くらい経って、退院の見通しがつかないと、頑張ろうって気持ちがきれてきます。

 

今日は、ドクターDJRに「先生、明日(土曜日)は、お休みですか? 彼女とデートですか?」と聞いてました!(爆笑)

 

デリ(夫)は、この病室を「カレッジドミトリー(大学の女子寮)」と呼んでいて、「枕投げしないで寝るんだよ」と帰って行きます(^_^*)

今日は、みんなで(それぞれのTVで)志村動物園をみて、可愛い動物見ながら、キャーキャーいって癒されました。

 

きぬさん、大丈夫だよ。みんなね、きぬさんの白血球がぐんと上がって、退院できるの祈ってるからね。

 

一方、昨日の血液検査で白血球がぐんと下がった私。            今日、DJRがグラン(好中球を増やすための薬)投入しました。

熱が出ず、穏やかな週末が過ごせますように(*´ー`*)