What's UP YOKO?!

急性骨髄性白血病 治療日記

地固め療法3回目 腰椎穿刺(ようついせんし)と髄注(ずいちゅう)

 

再入院した6月5日(月)の血液検査
白血球WBC 1400/µL (前回 2200/µL)
赤血球RBC 291.0/万 (前回 260.0/万)
血小板PLT 21.7 /万 (前回11.7/万)
好中球Neutrophil 609 (前回 - )

 

昨日は、髄注の後、首にカテーテルを入れたので、ぐったりして寝てました。
髄注は、腰椎に針をさして脳脊髄液を少量取ったあと、少量の抗がん剤を入れて、脳の中に抗がん剤を入れる治療です。
脳にがんが転移する事を予防するための治療だそう。

処置は、こんな感じ。本当はもっともっと丸まってくださいと言われます。もっと、もっと!
…まず体制に無理がある。

f:id:yoko_yokohama:20170607104449j:image

お願い!ドクターDJRがして〜と祈っていたのですが、案の定、レジデントGRが、髄注→首のカテーテル入れをやってくれました。結果的に、大きな痛みもなく無事に終わったのですが…時間はかかりました。

それに、私の背中で、ドクターDJRがこそこそ指示しながら、レジデントGRがこそこそ聞きながらの 作業だったので、聞いてる私は不安で不安で。変な汗がいっぱい出ました。

副作用として頭痛があるらしいのですが、大丈夫でした。
良かった!けど、変に疲れました。


また、再入院した日の血液検査の結果、白血球が1400しかなく下がっていたので、抗がん剤治療は、様子見になりました。
もともと白血球の数値が低いのと、昨日の髄注で、脳に抗がん剤が入ったので、さらに白血球が下がる可能性があるため、ドクターいわく「慎重に進めていく」とのこと。

次の血液検査は、明日。
明日の数値を見て、判断するそうです。

治療しないなら家に帰りたーい (*゚▽゚*) と思ったけど、首にカテーテルが入り、もう点滴(水分だけだけど)が始まってるので、無理じゃん。

今日は、おとなしくして、明日の血液検査を待ちます。