What's UP YOKO?!

急性骨髄性白血病 治療日記

ガッデム足揉みには、ミックジャガー

”健康にいいものやっちゃおう” キャンペーン、絶賛実施中です。

 

先週の血液検査の結果、ぜんぜん回復していない(どころか減ってしまった)ことが分かったので、前から気になっていた自分なりの健康法を実施しています。来月の血液検査で、「おお、あがったじゃん!」という私、想像しています。

 

その一つが足揉み。私は、がんこな冷え性で、足先・アキレス腱あたり~ひざ下まで、いつも冷たい、夏でも冷たい。夏でもソックス穿いて寝て、冬は、つま先とアキレス腱のところにカイロを貼って過ごすくらい。

同じ白血病で2回も移植をされた方のブログを読んでいて、紹介されていた「官足法」に目が☆になり、ここ1週間試しています。足を揉むことにより、足に溜まっている老廃物を崩し、血液循環を良くし、血液を綺麗にしていく、のだとか。足に老廃物がたまるのか?の信ぴょう性は別として、血液の循環は良くなるだろうし、私はこの冷たい足から解放されたい。

まず最初に、「官足法友の会」一般セミナーを受けてみました。セミナーが始まる前、おじいちゃん先生が「あなた初めてね? 何か病気したの?」と聞かれた。「は、白血病です」「ふーん、そう。ここ揉んでね」「い、痛ーーーい!!!」「はははー、だよねー」

セミナーは3時間なんだけど、言われたところを揉んでいくと痛くて痛くて。最後の1時間は、放心状態でした。でも、これで冷たい足がぽかぽかになるのであれば!と思い、翌朝より ぐりぐり棒と格闘しています。

まあ、尋常なく痛いんです。「腎臓」の場所を揉んでGoddamnit!「副腎」Goddamnit!「肝臓」Goddamnit!(これでは痛みが全然伝わらないですね…) 暮らしの中で、Goddamnit(ガッデム)と叫ぶときは、足の小指をぶつけたときぐらいですが、それがずっと続く感じです。脳天を突き抜ける痛さ、とほほ。

 

足揉みの方法はこの本から↓

元気回復 足もみ力 (美人開花シリーズ)

元気回復 足もみ力 (美人開花シリーズ)

 
グリグリ棒 (特製マッサージ棒)

グリグリ棒 (特製マッサージ棒)

 

 

両足40分のコースで、終わった後は500ccの白湯を飲む。500ccの白湯って、結構な量なのよ。1日目は、全てを1時間半かかって終了。2日目は、白湯を飲んだ後、急に身体がだるくなって3時間昼寝。おそらく、好転反応なのだろうと、気を取り直して3日目。4日目からは、この悶絶する痛さをどうやって紛らわせようか?と考えるようになり、いろんなミュージックを試してみたところ。。。

 ミックジャガーが一番だった。

正確には、Maroon 5のMoves Like Jagger

www.youtube.com

 

 Moves like Jagger  歌のテンポに合わせて、ぐりぐり棒が走る。だって私はジャガーなんだもん。いちいち痛いとかいってられないのだ。

老廃物を掻き出してやるのだ、だって私のぐりぐり棒はMoves like Jagger. いちいち悶絶している暇なんかない。

 

「I've got the moves like Jagger」と歌いながら、顔を歪めて足を揉む妻を見るデリ(夫)の顔が冷たいのは言うまでもない。が、いちいち気にしてられないのだ、だって私はミックジャガー。おかげさまで、足はぽかぽかです。すごい!初日から足の冷たさから解放されました。やらなくなると、また冷たくなるだろうから、頑張って続ける。

あと身体の不調といえば、慢性の肩凝り。次の目標は肩凝り改善だな。足を揉みと、1時間くらいは肩凝りが軽くなるんだけど、すぐ戻ってくるんだよね。何かいい方法ないかな。ああ、来月の血液検査で、白血球3000、血小板13万、欲しいです。