What's UP YOKO?!

急性骨髄性白血病 治療日記

悲劇のヒロインをやめてみる

f:id:yoko_yokohama:20190902200018j:image

白血病の治療、5回の抗がん剤治療が終わったのが、2017年の8月末。退院して2年経ちました。完治したと言えるには、5年かかるそうで、ようやく2年。まだまだ3年ある。

退院後、毎月1回、血液検査に行っていましたが、今年に入って主治医DJRに「毎月じゃなくてもいい?6週間ごとは?」と聞いてOKもらい、最近は、2か月に1回くらいに行っている不良です(笑) だって、待ち時間が2-3時間くらいあるんだもん。

そして、8月の検査で、ようやく血球が基準値にはいりました。

  • 白血球 4,000  (基準値3,300〜8,600)
  • 赤血球 419  (基準値386〜492)
  • 血小板 16.7  (基準値15.8〜34.8)

体調もばっちり。

 

白血病の治療が終わった時、私は44歳。主治医DJR曰く、私の再発率は30~40%で、すごく高くもないけど、低くもない微妙な数字。よーし、50歳になるまでのんびり過ごすぞ!と考えていました。仕事もゆるーくやろう。だって、毎月1日、平日に休んで病院にいかないといけないしー、最初の6か月は有給だってないから会社に迷惑かけるしー、もし再発して入院したら会社に迷惑かけるしー、死ぬ前にやりたいこといっぱいあるしー、なんてなんて。

結局、発症から1年半の間、傷病手当をもらいながら治療と療養し、その後(会社が倒産したので)6か月間失業手当をもらいながら仕事を探し、発症して2年後に、めでたく仕事を見つけました。会社の人は、私の病気に理解があり、大変有り難い環境で働いています。

仕事を見つける前は、さぁこれからどうしよう。こんな私を雇ってくれる会社があるだろうか?と不安いっぱいありましたが、今ならわかる。ぜんっぜん大丈夫!! 病気だからって負い目に感じることはぜんぜんありません。病気になったからと言って自分の価値を下げるのはナンセンスです!! 

通院の月1日休んだって他の日に頑張ればいい。体力がなければ、休んでその分お給料が下がったっていいんです。具合が悪くなれば、ちゃんと理由を言ってお休みする。自分のペースで働いて、やることはやる。決して無理はしない。自分のペースをキープ。他人と比べない。大きな病気をしていない人も、具合が悪くなったり風邪をひいて休んでるのをみると、なんや、一緒やん!って思いました。そして、自分が「若くしてがんになった悲劇のヒロイン」やってるから、負い目があるんだと気が付きました。私が休んでも、周りは結構なんとも思っていないんだな、と。

最近は、ほんとうに体調がよく、この前ふと、「私、もう再発はしないわ!」と気が付いてしまいました。もしくは、「再発しても大丈夫やわ!」って思いました。なので、病気のこと再発のことは、どーでもよくなりました(笑) 悲劇のヒロイン、卒業です。

病気にとらわれながら生きていくのも、忘れて生きていくのも、自分の選択しだい。なんでかわからないけど、なんの根拠もないけど、あー私大丈夫やわーの100%安心感につつまれている今日このごろ。

そして、いろいろやりたいことが出てきました。フル回転モードで、やりたいことは全部やりたい。あー、1日36時間とかにならないかな。