What's UP YOKO?!

急性骨髄性白血病 治療日記

地固め療法(3) 18日目 微熱です

今日の血液検査
白血球WBC 500/µL (前回 700/µL)
赤血球RBC 197.0/万 (前回 213.0/万)
血小板PLT 1.1 /万 (前回 2.6/万)
好中球Neutrophil 5 (前回 161 )

今日は、赤血球の輸血。
明日は、血小板の輸血。
好中球は、なんと5しかない!
抗生剤(マキシピーム)投与、開始。

一日中、37度代の微熱。
上がったり、下がったり。

地固め療法(3) 17日目 入院中の必須アイテムご紹介!

今日も、熱が出てないです。
暇で元気なので、入院中お世話になっているアイテムをご紹介致します!

まずは、お尻拭き
その名も、ネピア「おしりセレブWET」
お尻トラブルが多い抗がん剤治療に欠かせないアイテムです。これで優しく拭いて、便秘や下痢から発生する、お尻の "切れたり腫れたり膨れたり" を予防します。ヒアルロン酸、コラーゲン、スクワラン配合!トイレに流せるので便利です。現在これで、お尻の状態がすこぶる良いです。


ボディクリーム
「キュレル モイスチャーミルク」
感染予防に、1日何十回と手洗いします。最初の入院で、手洗いした後、あまりクリームをつけていなかったら、手がカサカサ、肌が黒くなってきてびっくりしました。これは、ポンプタイプで使いやすく、大容量なので身体中にたっぷり塗っています。病院の中は乾燥していますが、これでしっとり肌がキープできてます!


歯磨き粉
サトウ製薬「アセスL」
最初の入院時に、父が買ってきてくれました。以前父は、口内トラブルで大変困ってたそうなのですが、この歯磨き粉で治ったそうです!最初不味かったのですが、慣れてきました。抗がん剤治療をすると、高い確率で、口内炎ができて、ごはんが食べれなくなったりするそうですが、私は全然大丈夫!この歯磨き粉のお陰だと思っています。


野菜ジュース
カゴメ「つぶより野菜」
野菜を取りたいと思って、カゴメの通販のみで販売している、この "高級" 野菜ジュースを試してみたら、大当たり!濃厚で、野菜をすりおろしたような舌触り。とにかく野菜の味がしっかりして美味しい! 友達がいっぱい送ってくれたので、まだまだ、家に在庫あり。みんなありがとう♡


ヨーグルトと缶フルーツ
最初の入院時は、本当に食べれなくて、1ヵ月で6キロ痩せました。その中でも食べれてたのが、ヨーグルトと缶詰のフルーツ。別々に食べてましたが、缶フルーツが1回で食べきれないので、1食分をジップロックに入れて冷凍する技を考えました!今は、ヨーグルトに半解凍した缶フルーツを入れて、ほぼ毎日食べてます。


KIRI クリームチーズ
ベーグルに、クリームチーズを贅沢たっぷりつけて食べると、このうえない幸せを感じます。


ジュノエスクベーグル
"ベーグル&ベーグル"も美味しいのですが、成城石井で買えるこの"ジュノエスクベーグル"が大好きです。ボリュームがあって、ずっしりもちもち。ブルーベリー味が一番好き!次の一時退院では、ベーグル作りに挑戦します。

もちろん、忘れてはなりません。
カルビーじゃがりこ サラダ」
ついつい食べ過ぎてしまうので、1回10本と決めてます!

以上、私の入院中の必須アイテムをご紹介致しました。
ご静聴ありがとうございました(*´∇`*)

地固め療法(3) 16日目 体調よし

熱が出ないでございます。
あれ? (*゚∀゚*)

地固め療法(3) 15日目 グラン投入開始

今日の血液検査
白血球WBC 700/µL (前回 1300/µL)
赤血球RBC 213.0/万 (前回 261.0/万)
血小板PLT 2.6 /万 (前回 5.1/万)
好中球Neutrophil 161 (前回 813 )

いよいよ(ようやく)、白血球・好中球が下がってきました。

感染症アラーム発報!
ドクターDJR、本日よりグラン投入。

これから、熱が出ないように気をつけなければ。
幸い、お尻の状態がすこぶる良い。

 

先日、4月から約2ヶ月、同室だったAさんが退院しました。抗ガン剤、数種類投与してみましたが、寛解まで到達できず、自宅で支持療法になりました。退院する時のAさんの悲しそうな顔が忘れられません。

この病院の血液内科には、女性の無菌室は1室しかなく、定員4名。私は入院4回目なので、一番長いような気がします。

試す薬があっても、それは完治を目指す薬ではない人、または、これ以上投与できる薬がなくて、自宅や通院で支持療法を行う人が多い。この病気は、寛解できなければ、または再発したら、移植するしかない。でも、60歳以上で移植ができる人が少ない。

一人退院してベッドが空いたら、次の人。次の人も、「もう治療がないと言われててね」と、輸血や痛み止めで、今の状況を乗り越えようとしています。

昨日、小林麻央さんが亡くなったそうですね。その記事を見て、一瞬、呼吸ができなくなりました。
海老蔵さんが記者会見を開かれたそうですが、心が痛くて見れません。

ブログで見る彼女の前向きな姿勢は、本当に尊敬します。
小林麻央さん、ご冥福をお祈り致します。

地固め療法(3) 13日目 白血球少しさがる

今日の血液検査
白血球WBC 1300/µL (前回 1700/µL)
赤血球RBC 261.0/万 (前回 242.0/万)
血小板PLT 5.1 /万 (前回 2.1/万)
好中球Neutrophil 813 (前回 1267 )

 

また白血球が上がる、という更なる珍事が起こったらどうしようか?と思ってましたが、無事(笑)、少し下がりました。

赤血球も微妙に上がり、血小板は昨日、輸血したから上がったんだけど…
なんだか、予想しているような数字になってませんのです。

 

白血病の化学療法は、抗ガン剤を投与して、まず、白血球・赤血球・血小板、良いものも悪いものも減少させます。
極端に減った赤血球・血小板は、輸血で補う事が出来るのですが、白血球は輸血できないので、自然に(良いものだけ) 増えてくるのを待ちます。
つまり、白血球が下がるのも、そこから上がるのも大切。 

で、今は、先週火曜日には抗ガン剤投与が終わったのに、白血球が下がらない( ̄∀ ̄) という状況。

 

白血球が下がらず、好中球(外部から入ったばい菌と戦ってくれる戦士たち)もしっかりあるので、熱もなく、痛いところもなく、平穏な日々が続いてます。

 

治療も4回目だからか、「なんで白血球下がらへんねん!」というより、「いつか下がりまっしゃろー」ぐで〜ん、な感じです。(最近、ぐで〜ん、が多い)

 

ま、なるようにしかならん。上がった/下がったで、一喜一憂してもしょうがない。要は、芽球(白血病細胞)さえ、増えなければよし、ぐらいに考えてます。心も平穏です。